まつげエクステサロンは利益率が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まつげエクステサロンは利益率が高いのも利点の一つです。
一般的にまつげエクステサロンの利益率は30%と言われています。
もちろん、まつげエクステサロンを開店しても順調に集客ができ、売上が伸びるという保証はありませんが、仮に月に100万円の売上があるとしたら、単純計算で30万円の利益がでることになります。
順調にいけば、大体半年から、遅くても1年以内には初期投資分を回収して利益が出始めますから、他の業種と比べてかなりスピーディーなビジネスモデルだと思います。
それだけではありません。
まつげエクステという分野自体が、今後利用者が増えるであろう、有望株であることもお勧めの理由です。
現在、まつげエクステを利用している消費者は、ヘアサロンやネイルサロン、エステサロンといった利用者のうち、約13%程度です。
これはヘアサロンがほぼ100パーセント、ネイルが20~30パーセント台なのに比べ、まだまだ低い数字です。
しかし、店舗数から見れば、日本全国どこの街にも複数のヘアサロンやネイルサロンが乱立して、ほぼ飽和状態なのに対して、まつげエクステサロンの店舗数は圧倒的に少ないのが現状です。
しかも、まつげエクステは約1ヶ月後に付け直す必要があるため、1度利用されたお客様がリピーターになる確率が高く、利用者の固定化が見込めます。

関連記事